ホーム > 年中行事・イベント > 成人式・成人の日

成人式・成人の日

成人式は自治体がその年度内に二十歳(はたち)を迎える新成人をお祝いするための式典です。一般的には国民の祝日である「成人の日」に行われますが、お正月・お盆・大型連休など、若者が集まりやすい時期を選んで開催する地域もあります。成人式は市町村が主催するのが一般的ですが、ふるさとを離れて寮生活を送る新成人のために企業や自衛隊などの組織が主催する場合もあります。

成人式には学校の同学年が参加するため、さながら小・中・高校の同窓会のようになります。成人式の会場は自治体の市民ホールなど新成人が一堂に会することができる場所で開かれます。成人式には正装で出席する人が多く、男子はスーツや学生服、なかには紋付の和装という人も。女子は振袖や袴を着て髪も美容院でセットしていく人が多いようです。また晴れ着姿を写真館で写真に納める人もいます。

式典では自治体のの首長や来賓の祝辞、新成人代表の答辞、余興などが行われますが、例年一部のやんちゃな人が騒いだりケンカなどのトラブルを起こすことがあり、式典の平穏な進行に神経を遣う関係者の気苦労が絶えません。なかにはそのトラブルを回避するため、2016年にはプロ野球選手のひとりが成人式への参加を見送ったそうです。

成人になるとお酒やタバコが許可されるなど自由が増えると考える人が多いと思いますが、その分社会人としての責任も伴います。成人式は「もう子供ではない」という成人としての自覚を持つよい機会といえるでしょう。新成人だけでなく昔の新成人も初心に帰って一年を本格的にスタートする機会とするのもいいでしょう。

ページの上部に戻る

FXЃobW