ホーム > 年中行事・イベント > コスパの高い引越し方法

コスパの高い引越し方法

引っ越しすることになったら、なるべく料金は安くしたいですよね。つまりコスパ重視の引越し。それなら自分で小型トラックを借りて、自力でやってしまうのが一番安いでしょう。昭和の頃にさかのぼりますが、引越し業者ができる前はみな自分で引越ししていたそうです。あるいは、いま一部で流行の?ミニマリストのように荷物を極端に減らすと引越しも楽でしょうね。スーツケース1つで引越しできます。

また、キャンピングカーに住むというのはどうでしょうか。しかし車をとめるのもひと苦労という土地の狭い日本ではそれも難しい。また仮に住めた市として、住民票は取れるのでしょうか。実際キャンピングカーに住んでいる人もいるそうですから、不可能ではないと思います。

さて、自分でするのも無理、スーツケースもキャンピングカーも無理となると、普通に引越し業者に頼むことになります。引越し料金はトラックの大きさ・作業員の人数・移動距離によって決まります。トラックの大きさは、すなわち荷物の量に比例します。引越しの見積もりを業者に頼んだ場合、営業の人が自宅にやってきますが、これは荷物の量を目視で確認するためです。経験のある営業担当者が、移動する荷物としない荷物をヒアリングしながら家の中を見渡せば、だいだい何トントラックが何台必要かわかります。

荷物の量と、それを運ぶのに必要なトラックがわかれば、作業員の数も決まってきます。ですから古くて大きな家具は処分したり、読まない本やは着ない服を売るなどして料金を節約するには荷物を減らすことも大切です。引越しは断捨離のいい機会。でもトラックの大きさを小さくするのは結構大変です。日頃から荷物を増やさない工夫も大切です。

コスパ重視で引越し業者をえらぶには

ページの上部に戻る

FXЃobW