ホーム > 人生・家族 > コスパの高い婚活方法

コスパの高い婚活方法

婚活の手段を比較すると、お見合い・合コン・パーティーなどがあります。お見合いの場合、昔は面倒見のいい親戚や知り合いのおばさんが声をかけてくれるということがあったようですが、最近はネットやリアルの結婚相談所、結婚情報サービス、マッチングサービスを利用することが多いようです。ただしこの記事では、いわゆる「出会い系サイト」は対象外とします。

単なる遊び相手を探したい場合は合コンやパーティーもよいとは思いますが、相手が見つかる、交際スタートに至る確率は下がるのではないかと思います。なお統計的な数字ではなく、筆者の主観ですのでご了承ください。パーティーについては「お見合いパーティー」と題して、結婚を前提として真剣に相手を探すために参加する人が集まる場合もありますが、複数の異性を同時に見ることができる「パーティー」では、どうしても容貌の良い人に人気が集まりがちとなり、成功率という点では1対1のお見合いよりも下がると思われます。

「お見合い」の場合は、事前にプロフィールや写真を交換するため、就活に例えると書類選考をパス(合格)した状態で会いますので、交際成立となる確率は高まります。ただし結婚相談所によっては写真は事前に見れないところもあります。しかしこの「お見合い」は、まず「会う」段階に進むまでが大変です。プロフィール(釣り書き)には男性ならやはり年収が重視される傾向がありますし、女性は年齢が重視されがちです。やはりそれらの外見的な条件は良いに越したことはありませんが、あきらめることはありません。相手の希望条件を下げることで、マッチング候補の範囲は広がります。

プロフィールはもうひとつでも、実際会ってみる意外と気が合い、交際スタートとなるかもしれません。全てが理想と合致する人はまずいません。もし会うことができれば、お見合いの中で何かひとつでも相手の良いところ、共感できるところを見つけてみましょう。1対1のお見合いの場合は、その時間1人の相手だけと向き合うことができるので、会話だけでなく雰囲気や直感で相手を感じ取ることができます。直感、すなわちフィーリングは、出会った瞬間に感じるもの。それでだめなら、執着せずに「はい次」です。お見合いは「会う」に至るまでの「忍耐」と、「会った」瞬間にフル稼働させる「直感」にかかっているといえるかもしれません。

コスパ重視の婚活方法についてもっと詳しく

ページの上部に戻る

FXЃobW