コスパ重視で選ぶ

コスパの高い会計ソフトとは

自営業の方や中小企業の経営者の方は経理や会計業務をどのように処理されているでしょうか。昔からそろばん、電卓、表計算ソフト、パソコンの会計ソフトというように時代とともに会計処理のツールも進化してきましたが、最近は「クラウド」の時代を迎えています。

クラウドとは「雲(cloud)」を意味します。これはインターネットの向こうにあるサーバの中でさまざまな処理が行われている様子を、インターネットという空に浮かぶ雲に例えてクラウドと呼ぶようになったといわれています。正式にはクラウドコンピューティングサービス、またはクラウドサービスといいます。ちなみに最近クラウドソーシングやクラウドファンディングという言葉も耳にすることがありますが、こちらは雲ではなく群集(crowd)という意味です。

クラウドサービスを利用するメリットは、自分のパソコンにソフトをインストールする必要がなく気軽に始められることです。インターネットのブラウザで、クラウドサービスのホームページ(Webサイト)を開いて、契約すると渡される自分のIDとパスワードでログインするだけで始められます。また最近ではスマホを使うことも多いですが、スマホのブラウザやアプリからインターネット上のサーバーすなわちクラウドとして提供されているサービスを利用できます。

会計業務に話を戻すと、今まさに会計業務もクラウドで提供されるようになってきました。パソコンやスマホからインターネットを通じてクラウドの会計サービスを使えば、ブラウザやアプリだけで会計業務ができます。伝票入力もスマホのカメラで写真を撮るだけで、自動認識・自動入力ができます。伝票から仕訳への登録も学習機能でラクラク。クラウドの会計サービスを使えば、時間とコストが節約できるコスパの高い会計業務が実現できます。

コスパの高い会計ソフトとは

コスパの高い引越し方法

引っ越しすることになったら、なるべく料金は安くしたいですよね。つまりコスパ重視の引越し。それなら自分で小型トラックを借りて、自力でやってしまうのが一番安いでしょう。昭和の頃にさかのぼりますが、引越し業者ができる前はみな自分で引越ししていたそうです。あるいは、いま一部で流行の?ミニマリストのように荷物を極端に減らすと引越しも楽でしょうね。スーツケース1つで引越しできます。

また、キャンピングカーに住むというのはどうでしょうか。しかし車をとめるのもひと苦労という土地の狭い日本ではそれも難しい。また仮に住めた市として、住民票は取れるのでしょうか。実際キャンピングカーに住んでいる人もいるそうですから、不可能ではないと思います。

さて、自分でするのも無理、スーツケースもキャンピングカーも無理となると、普通に引越し業者に頼むことになります。引越し料金はトラックの大きさ・作業員の人数・移動距離によって決まります。トラックの大きさは、すなわち荷物の量に比例します。引越しの見積もりを業者に頼んだ場合、営業の人が自宅にやってきますが、これは荷物の量を目視で確認するためです。経験のある営業担当者が、移動する荷物としない荷物をヒアリングしながら家の中を見渡せば、だいだい何トントラックが何台必要かわかります。

荷物の量と、それを運ぶのに必要なトラックがわかれば、作業員の数も決まってきます。ですから古くて大きな家具は処分したり、読まない本やは着ない服を売るなどして料金を節約するには荷物を減らすことも大切です。引越しは断捨離のいい機会。でもトラックの大きさを小さくするのは結構大変です。日頃から荷物を増やさない工夫も大切です。

コスパ重視で引越し業者をえらぶには

コスパの高い婚活方法

婚活の手段を比較すると、お見合い・合コン・パーティーなどがあります。お見合いの場合、昔は面倒見のいい親戚や知り合いのおばさんが声をかけてくれるということがあったようですが、最近はネットやリアルの結婚相談所、結婚情報サービス、マッチングサービスを利用することが多いようです。ただしこの記事では、いわゆる「出会い系サイト」は対象外とします。

単なる遊び相手を探したい場合は合コンやパーティーもよいとは思いますが、相手が見つかる、交際スタートに至る確率は下がるのではないかと思います。なお統計的な数字ではなく、筆者の主観ですのでご了承ください。パーティーについては「お見合いパーティー」と題して、結婚を前提として真剣に相手を探すために参加する人が集まる場合もありますが、複数の異性を同時に見ることができる「パーティー」では、どうしても容貌の良い人に人気が集まりがちとなり、成功率という点では1対1のお見合いよりも下がると思われます。

「お見合い」の場合は、事前にプロフィールや写真を交換するため、就活に例えると書類選考をパス(合格)した状態で会いますので、交際成立となる確率は高まります。ただし結婚相談所によっては写真は事前に見れないところもあります。しかしこの「お見合い」は、まず「会う」段階に進むまでが大変です。プロフィール(釣り書き)には男性ならやはり年収が重視される傾向がありますし、女性は年齢が重視されがちです。やはりそれらの外見的な条件は良いに越したことはありませんが、あきらめることはありません。相手の希望条件を下げることで、マッチング候補の範囲は広がります。

プロフィールはもうひとつでも、実際会ってみる意外と気が合い、交際スタートとなるかもしれません。全てが理想と合致する人はまずいません。もし会うことができれば、お見合いの中で何かひとつでも相手の良いところ、共感できるところを見つけてみましょう。1対1のお見合いの場合は、その時間1人の相手だけと向き合うことができるので、会話だけでなく雰囲気や直感で相手を感じ取ることができます。直感、すなわちフィーリングは、出会った瞬間に感じるもの。それでだめなら、執着せずに「はい次」です。お見合いは「会う」に至るまでの「忍耐」と、「会った」瞬間にフル稼働させる「直感」にかかっているといえるかもしれません。

コスパ重視の婚活方法についてもっと詳しく

会社員と自営業の比較

世の中で働くの中には、会社員などの雇われている人もいれば、自営業の人もいます。一般的に学校を卒業すると会社に就職する人の割合が多いため、人数としては10対1くらいの割合で会社員の人の方が多くなっています。

自営業者というのは役所に開業届を提出した個人事業主を指します。その一方、一人で法人を設立して一人で働く場合は、自分の会社の役員ということになりますが、仕事の内容自体が大きく変わるわけではなく、1人だけで仕事をする場合の実態は個人事業主と変わりません。

個人と法人では税法上や社会保険などの扱いが大きく異なります。個人事業の場合にかかる所得税は累進課税なので、売上が多い場合は法人にした方が有利になります。法人にした場合、法人税の税率は一定ですが、1人法人であっても自分の会社から自分に給料を払い、その給与所得について所得税(源泉所得税)が発生するので、法人税と所得税の両方を払わなければなりません。

従業員の場合はそのような税金の計算や納付は雇用先が行いますが、自営業または1人法人の場合は、税理士を雇えるとはいえ、自分で責任をもってやらなければなりません。そうまでして自営業をする理由は何なのでしょうか。

会社勤めの人は会社に行くのが嫌だなと思うことは少なくないと思います。会社に行くのが嫌なら、やめて自分で商売(事業)をすればいいんです。それが無理なら人に雇ってもらって働くしかありません。自分で稼ぐか、人に雇われて働くか、二つに一つです。でも本当にその二者択一しかないのでしょうか?

バレンタインデーはチョコレート

バレンタインデーはローマ帝国時代に禁止されていた兵士の結婚を手助けして処刑されたウァレンティヌス司祭の話が起源とされているが、現在のようなイベントとして普及するようになったのは日本では新宿伊勢丹百貨店がバレンタインセールを開いた1958年頃といわれています。現在では1月後半から2月14日までが1年でチョコレートが最も多く売れる期間となっています。

そのバレンタインですがひと昔前までは、女性が好きな男性にチョコレートを贈るスタイルで、チョコの種類も「本命チョコ」または「義理チョコ」、あるいは保険の外交員や水商売の人が営業先や得意客に配る「商売チョコ」くらいでした。最近では女性の友達同士で贈り合う「友チョコ」、母から息子へ贈る「母チョコ」、性別関係なく家族に渡す「ファミチョコ」、自分へのご褒美「自分チョコ」など種類も増えています。

江崎グリコのアンケートによると女性がチョコを渡す相手は「女の友達」が1位(45.2%)で、2位の「父親」以下家族が続き「本命」は14位(9.3%)だそうです。グリコでは、バレンタインは「チョコに感謝の気持ちを託して贈るコミュニケーションの日」と定義。もはや告白の日というよりもお中元やお歳暮のようなギフトの日となっているようです。

また最近一部ではベルギー産をはじめとする高級チョコ市場が盛り上がっており、ショコラティエというチョコレート菓子職人やショコラトリーという専門店も増えており、一粒300円とか500円といった高級品も珍しくありません。百貨店ではバレンタイン前にそれらのチョコレート専門店の商品を集めた催事を開き、チョコレートの見本市のようになっています。

なおチョコの原料であるカカオには抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているので健康に良いという話もありますが、ワインにアルコールや酸化防止剤が含まれるのと同様に、チョコレートには砂糖も多く含まれているので食べ過ぎにはご注意を。

リンク

ページの上部に戻る

FXЃobW